« YST検索アルゴリズムを刷新 | トップページ | 行政書士って「法律家」? 日弁連が異議、日行連と論争 »

YST検索アルゴリズムを刷新 ②

今回は、前回の日記、「YST検索アルゴリズムを刷新」の、続きです。

2007年3月31日の、YST(Yahoo!の検索エンジン)の、バージョンアップから、わずか4日後の昨日、2007年4月4日に、また、SERPS(検索結果の順位)に、変動がありました。

私のホームページの、検索順位は、ほとんど変わっていなかったのですが、2位以下のサイトの順位に、大小の変動があったので、気がつきました。

そこで、前回の記事では、ほとんど触れなかったのですが、今回は、YSTのアルゴリズムの変更点について、私なりの勝手な、独断の推理を書かせていただきます。

まず、現在のYSTのアルゴリズムのポイント(今後の変更も踏まえたポイント)として、重要となってくるのは、

1.去年12月に、変動があったときに影響した、何らかに対する減点フィルタリングスコアの強弱(分かる人は、分かると思います。)

2.何らかに対する(1.とは、違うものです。)加点フィルタリングスコアの強弱(分かる人は、分かると思います。)

3.増大するブログに対する、減点フィルタリングスコア(これは、Yahoo! 検索スタッフブログ Yahoo!検索、ウェブ検索に「ブログフィルタ」機能を追加でも、触れられています。)の強弱

4.内部SEO(On-Site SEO)の加点フィルタリングスコアの強弱

5.一定程度まで(これ重要!)のリンクポピュラリティー(被リンク先の質および量を踏まえた上での被リンクポイント)の加点フィルタリングスコアの強弱

の、5つのポイントの、それぞれの加点あるいは減点の強弱、及び、1~5までのスコアに、どれだけの配点がなされるかということだと思っています。

現在のところ、バージョンアップ前と比べ、上記の5つのポイントについて、

1.かなり弱まった(昨日の変動では、不明)

2.現状維持(昨日の変動では、弱まった)

3.かなり強くなった(昨日の変動でも変わらず)

4.若干強くなった(昨日の変動でも変わらず)

5.現状維持(昨日の変動では、若干、強まった。)

のが、現状であると感じています。

今後も、これらのポイントの加点あるいは、減点の総合点により、順位が決められてくるのではないでしょうか?

結論として、「過度の相互リンク等によるSEOはせず、検索する方々にとって、少しでもお役に立てる情報を提供できるよう、サイトの充実を目指すこと」が、やはり、もっとも大切なことと、言えると思います。

私も、今まで同様、私のサイトを訪ねて頂いた方に、少しでも、お役に立てる情報を提供すべく、今後とも、頑張って行きたいと思っています。

それでは、また。

|

« YST検索アルゴリズムを刷新 | トップページ | 行政書士って「法律家」? 日弁連が異議、日行連と論争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140063/14558765

この記事へのトラックバック一覧です: YST検索アルゴリズムを刷新 ②:

« YST検索アルゴリズムを刷新 | トップページ | 行政書士って「法律家」? 日弁連が異議、日行連と論争 »