11匹のアトラス大家族です。

皆さん、こんにちは。Kuraです。

アトラスのさなぎをアップしてから、早一ヶ月経過
「月日のたつのは、早いなあー。」と、更新していないのを棚に上げて、
ひ・と・ご・と、のように、始めさせていただきます。

更新できなかった理由はさておき、8匹のさなぎと、既にお生まれになった4匹のアトラス。

IMG_0015a その結果は、この写真をご覧になってください。
結局、さなぎ12匹の内訳は・・・オスいっぱい(7匹)、メスまあまあ(4匹)、お亡くなり(1匹)という大家族の誕生に終わりました。

メス4匹はほぼ同じ大きさ。オス6匹は、先日生まれたミニアトラスより、やや大きめです。最も大きいオス2匹は、触ろうとすると、俊敏に勇ましく構えます
  親のアトラスを思い出しました・・・・(しばし感動)・・・。

IMG_0012a12匹のうち11匹は、無事元気に誕生!!!
ですので、初めての外国産カブトムシ飼育(日本のカブトムシ飼育は既に経験済み)としては、まずまずと思われるのですが・・・・。何かすっきりしない、もやもやとした気分

それは、残念ながらお亡くなりになった1匹というのは、前回アップさせていただいたオスのさなぎだったからです。


IMG_0016aオアシスの人口さなぎ室を作ったのは、さなぎ部屋がこわれていた(らしい)のが、理由です。しかし、今となると、「はたして本当にこわれていたのか?」「そのままにしておいたほうが良かったのでは」と、自問自答してしまいます。

やはり、生き物を飼うのは、難しいですね。安易なチャレンジに反省です

残った11匹のアトラスたち。長生きしてください

ですので、アトラスをもらって頂くことになっていた金魚日記さん、Gちゃん、よろしくお願いします。

それでは、また。

P.S.次回から、しばらく本業の日記。特にマンション管理士Kuraの日記を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アトラスの人口サナギ室です。

皆さん、こんにちは。Kuraです。

久々のブログの更新です。
日記の更新まで気まぐれになってしまいました。

これではいかーーん」と、自分に喝を入れて、これから頑張ります。・・・たぶん

ところで、アトラス(やはり最初はカブトムシですね)。今のところお生まれになったのは、4匹ですが、残りの8匹のサナギのうち一匹だけ、サナギ部屋から退去してもらうことにしました。

理由は、どうもケース外から見ると、サナギ部屋が壊れていそうだったからです。

「どうしようか・・・・。」と迷った振りを自演しながら、心は決まっていました。

そうだ、人口サナギ室を作ろう!!。100円オアシスで。

前に、どこかのサイトで、人口サナギ室の作り方を見ていたので、一度作ってみたいと思っていたのです。で、家族の説得に入ります。

「アトラスのサナギ見てみたくない?。」(誘導する私)
「いいけど、そのままにしといたほうがいいんじゃない?」(渋顔の妻)・・・まあ、想定の範囲内
「うん。見たい見たい。」(満面の笑顔の子供)・・・・・やはり予想通りの答え。作戦成功!

こういったしだいで、無事、人口サナギ室作成に突入しました。完成まで、不器用な私でも、いたって簡単でした。

①100円ショップ(限定)オアシス(本来は生け花をさすのに使うそうです。別名スポンジ)を買ってくる。
②オアシスをカッターで適当な大きさに切る(大体サナギの2倍くらいの大きさ)
③オアシスをスプーンでさくさく削る。(穴は深めで、サナギのふたまわり位の広さ)
④削ったところを手でこすって滑らかにする。
⑤サナギを入れてみて大きさの確認。
⑥最後にオアシスに、十分水を含ませる。
⑦出来上がり。(超簡単)

IMG_0025 完成したサナギ室とアトラスのサナギがこれです。

とりあえず、満足しましたが、果たして、無事、羽化するのでしょうか。(大げさ)

結果は、また後日ブログで。それでは、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jr.誕生!!でも、ちっちゃ・・・

皆さんこんにちは、Kuraです。

前回のブログで、書かせていただいたアトラスが、ついに誕生しました。まだ、全12匹のうち4匹だけですが、無事生まれてくれてとりあえず良かったです。

IMG_0051a しかしちょっとびっくりしたことが・・・・このアトラス達、はっきりいってちっちゃ・・・・親の、アトラスは大きかったのですが、その半分くらいの大きさです。 

体も、小さいですが、何より角が短い。迫力は・・・うーーーーんです。                                                             

IMG_0044 そして、こちらがメスです。これもやや小型ですが、メスなのであまり気にならない・・・ような気がします。残りの2匹のメスも同じくらいの大きさです。

アトラスが小型化した原因は、早く羽化をさせようと、三齢幼虫のオスとメスと一緒に飼ったことだと思います。メスとオスを一緒に飼うと、通常メスのほうがオスより先にサナギ化するので、オスも刺激されて、早くサナギになるそうです。ですから、大型のアトラスを育てようと思ったら、やはり一匹ずつ飼ったほうが良いようです。

わかっていたのですが、予想以上の小型化・・・。お気に入りブログにリンクさせていただいている金魚日記さんにももらっていただく約束をしていたのに。どうしよう・・・・。

しかし、「ミニアトラスも悪くないか。せっかく生まれてきてくれたのだから、感謝しなくては。」と、前向きに考えて今日のブログ閉めさせていただきます。

IMG_0041a 最後に、アトラスのサナギの写真を公開させていただこうかと思っていたのですが、ケース越しに写真を撮ると、光ってしまって何が何だかわからなかったので、やめておきました。申し訳ありません。代わりに、さなぎの脱け殻をアップしておきます。

でも、残りのアトラスに少し期待・・・・ビッグアトラスになりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アトラスオオカブトムシです。

皆さん、こんにちは。行政書士・マンション管理士のKuraです。

まだ、ホームページ公開まで数日あるので、今日も、家で飼っているアトラスオオカブトムシについて、日記を書きます。(やはり、カブトムシ日記になってしまうのか?・・・・)

ブログ第1回目の、「気まぐれブログはじめました」でちょこっと書かせていただいた、家で飼っている12匹のアトラスオオカブトムシ(面倒くさいので、これからアトラスと書かせていただきます)。実は、このアトラスは、去年飼っていたペアのアトラスの子供たちです。

IMG_0196aオスのアトラスは、割と大き目の型でした。このペアを買ってきたのは、7月下旬でしたが、メスが2ヵ月位でお亡くなりになってしまったのに、オスは、6ヵ月位生きて、ついに、年を越すことができました。日本のカブトムシが1ヶ月くらいで、死んでしまうのに対し、アトラスは、3ヶ月~6ヵ月位生きるそうです。

IMG_0586aその後、誕生した子供たちがこれです。これは、年を越して生後5ヶ月くらいの三齢幼虫です。幼虫は、36匹ほどいたのですが、年を越して生きていたのは、12匹ほどでした。

冬に差し掛かって、餌をあまり食べなくなり、なかなか大きくならず、心配したのですが、春ごろから再び餌を食べ始め、何とか大きくなって、残った12匹は、無事、サナギになった(?)ようでした。

アトラスの成虫は、アジアでもコーカサスオオカブトムシに次ぎ、好戦的だといわれていますが、実際そのとおりで、成虫の動きは、クワガタのように俊敏で、戦闘的です。

この戦闘性は、幼虫のときから既に身についているようで、日本のカブトムシの幼虫のように大人しくはなく、うっかり触ろうとすると、がぶりっと噛まれ、かなり痛いです

次回のブログは、現在、ケース越しに見える成虫になっているアトラスと、サナギのアトラスの写真を公開しますので、興味のある方はご覧になってください。

・・・・・・・・って、やっぱりカブトムシ日記になってしまう予感?・・・うーーん。

| | コメント (31) | トラックバック (0)

気まぐれブログはじめました。

皆さん、はじめまして。行政書士・マンション管理士のKuraです。

先日、業務用のホームページを作成しました。10月初旬に公開予定です。よろしくお願いします。・・・と、軽く宣伝させていただきました。申し訳ありません。

ところで、生まれて初めてのブログ作成のきっかけは、、そのホームページ作成(これも初めてです)に伴って、業務関係のNEWSや、思いついたこと、その他プライベートなこと・・・つまり、そのときの気まぐれでいろいろなことを書ける日記があればいいなと感じたことです。

基本的には、業務関係のひとり言、つぶやき、NEWS等を書かせていただくつもりですが、気まぐれなので、どういう方面に進んでいくかはまだ未定です。もしかしたら、家で育てているカブトムシの日記になっているかもしれません。

ちなみに、種類はアトラスオオカブトムシ。全12匹。現在、さなぎの姿のものがほとんどですが、確認できるだけで4匹は、成虫の姿でじっとさなぎ部屋の中に潜んでいます。あまりに動かないので、ひょっとしてお亡くなりになってしまったのでは・・・、と時々不安になります。今度写真をアップする予定ですが、これも気まぐれということで。

つたない文章で、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)